「クリパ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「クリパ」の意味とは

クリパとは、クリスマスパーティーという意味です。

「クリパ」の語源

クリパは「クリスマス」と「パーティー」をそれぞれ縮めて組み合わせた造語です。
もともとは、クリスマスやクリスマスイブに行われるパーティーを指していましたが、今はクリスマス時期のイベントやライブなどにも幅広く使われるようになりました。

「クリパ」ではどんなことをするのか

一般的なクリパでは、クリスマスツリーを飾ったり、チキンを準備したり、ピザやケーキを注文したりすることが多いようです。
集まる人が一品ずつ持ち寄っても楽しいでしょう。
それらに限らず、みんなでわいわい騒ぎながら手を伸ばせる食事が好まれます。
また、サンタの格好をして過ごすのも盛り上がります。
帽子や服など、ほとんどのものが100円ショップでそろいますのでお勧めです。
「~円まで」と額を決めてのプレゼント交換もお楽しみイベントに最適です。

「クリパ」の別の意味や使われ方

クリパは、クリスマスパーティー以外にもこんな意味で使われています。

クリティカルパーティー

RPGの世界では「クリパ」というと「クリティカルパーティー」を指す場合があります。
「クリティカルパーティー」とは、エース級のメンバーで組んだ、クリティカルダメージを与えられるパーティーのことです。

クリパ

インドの叙事詩である「マハーバーラタ」の登場人物です。
シャーンタヌ王に拾われて育てられ、クルクシェートラの戦いにおいてはカウラヴァ側として戦い、最後まで生き残った一人となりました。

「クリパ」の例文・用例

クリパ

クリパを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●仕方ないから、彼氏いないどうしでうちでクリパする?
クリパのチケット取れたんだ、すごいね!

SNSでの「クリパ」の使われ方

「クリパ」の類義語

クリパの類義語はありませんでした。

「クリパ」の対義語・反意語

クリパの対義語・反意語はありませんでした。