「モチケン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「モチケン」の意味とは

モチケンとは、持ち物検査という意味です。「持検」と表記されることも多いです。

「モチケン」の語源

モチケンの語源は、「持ち物検査」です。
学校で定期的に行われる持ち物検査をはじめ、近年では、テロ対策のためコンサート会場やイベント会場などでも持ち物検査が行われるようになりました。

「モチケン」の特徴

持ち物検査でチェックされるのは、主に刃物や飲料水です。
空港などでは、刃物にはカッターナイフやハサミなど文房具も含まれます。飲料水の持ち込みも制限される場合があります。

「モチケン」の英語表現

英語では、an inspection of one’s belongingsと表します。

「モチケン」の表現の広がり

学校や空港など日常的に持ち物検査が行われる場所よりも、イベント会場などでの抜き打ちの持ち物検査について話題になることが多いです。

「モチケン」の普及の背景

持ち物検査が行われるイベントが増えた結果、会場で検査が行われるのかどうかや、検査の様子に関する話題がSNS上で取り上げられるようになりました。
その際に、「持ち物検査」とするのは煩雑なため、自然と「モチケン」「持検」と省略された表現が使われるようになったと考えられます。

「モチケン」の利用時の注意点

意味のわかる人同士で使わないと伝わりません。
正確に伝えたいときは「持ち物検査」と表現しましょう。

「モチケン」の例文・用例

モチケン

モチケンを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今度のコンサートはモチケンがあるらしい。
モチケンで飲み物没収されたwwショック

SNSでの「モチケン」の使われ方

「モチケン」の類義語

モチケンの類義語はありませんでした。

「モチケン」の対義語・反意語

モチケンの対義語・反意語はありませんでした。