「ゆず胡椒系男子」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-05-11

「ゆず胡椒系男子」の意味とは

ゆず胡椒系男子とは、爽やかさと辛さを持ち合わせる男子という意味です。

ゆず胡椒系男子とは名前の通りで、ゆず胡椒になぞらえて例えられる男子の系統を表す単語となっています。

〇〇系男子シリーズの一つと言え、派生語の多くある単語と言えるでしょう。

ゆず胡椒系男子とはその中でゆず胡椒のように、爽やかさを持ちつつ時折ブラックな辛口な一面を併せ持つ男子です。

またブラックな辛口という部分にも、爽やかなニュアンスがかかっています。

爽やかてブラックで辛口でもあり、なおかつ「年下の」男子に限定されるのです。

しっかりしている一面を見せたかと思えば、茶目っ気たっぷりの一面を見せるといった多面的な点が魅力の男子を指しています。

強気で男らしい一面と、少年のような純粋な一面を併せ持つという女性目線での妄想のような男子像とも言えるでしょう。

「ゆず胡椒系男子」の語源

ゆず胡椒系男子の語源は、〇〇系男子シリーズです。

先んじて流行化した、他の〇〇系男子シリーズの派生系となっています。

具体的な例としては肉食系男子、反対の草食系男子、はたまたロールキャベツ系男子などです。

肉食系男子や草食系男子は広く使われた単語でしたが、広がりきったこれらはそこまで流行しているとは言えません。

〇〇系男子シリーズとして若者言葉に分類されるものの、肉食系男子などのように流行している単語とは言えないでしょう。

「ゆず胡椒系男子」の特徴とは

ゆず胡椒系男子は、具体的な特徴のある単語です。

ゆず胡椒系男子はある種の女性の理想を語った単語であるため、具体的に5つの特徴の設定がされています。
その特徴は以下です。

  1. 爽やかなくせに大人びた余裕と自信がある
    →見た目は爽やかだけど、どこか自信ある様子を兼ね揃えている男子
  2. 相手を立てつつ自己主張がはっきりしている
    →相手を立てる優しさや気づかいがあるけれども、自分の意見をしっかりという男子
  3. どんなタイプの女性にも合わせることができる
    →多面的であるため、どのような女性にも合わせられる男子
  4. 派手さはないけれど嫌う人が少ない
    →特別目立った感じではないけれども、嫌いだと言う人がいない男子
    しかも実は彼が好きという人が多いような男子
  5. 怖いもの知らずのフレッシュさが癖になる
    →強気な態度を取るものの、年上女性からすれば「まだまだ」と思わせるような男子
    年上の女性から見た時に、青臭さが可愛く思えるような男子

こうした5つの条件を兼ね揃えた男子が、ゆず胡椒系男子なのです。

こうした細かな設定まで含めて、女性の妄想や理想と言える男性像となっています。

「ゆず胡椒系男子」の例文・用例

ユズコショウケイダンシ

ゆず胡椒系男子を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●実際、大人の女性ほどゆず胡椒系男子 が理想タイプになると思うわ。
●最近流行ってるゆず胡椒系男子って、男からしたら馬鹿な戯言にしか聞こえないよな。

SNSでの「ゆず胡椒系男子」の使われ方

「ゆず胡椒系男子」の類義語

ゆず胡椒系男子の類義語は、「ロールキャベツ男子」です。
意味は、見た目は草食で中身は肉食系の男子です。

〇〇系男子シリーズである点、行き過ぎた表現のために派生元である肉食系男子とは違い流行らなかった点が共通点となります。

共通点が多いため、〇〇(系)男子の中でも特にこちらが類義語として挙げられるでしょう。

「ゆず胡椒系男子」の対義語・反意語

ゆず胡椒系男子の対義語は、「硬派な、軟派な」です。
意味は、男らしいや軽い男などの意味です。

特定の男性をを表現する単語で、昔から使われている単語となります。

〇〇系のように複数に派生しないため、女性の理想像のために使われない分類の言葉です。

そうした点から、こちらが対義語となります。