「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の意味とは

行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)とは、ユーザーの行動履歴(サイトの閲覧履歴)を元に、そのユーザーが興味・関心を持ちそうな広告を表示させるというWEBマーケティングの手法のことです。

「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の語源

Behavioral Targeting Advertisingを直訳すると「Behavioral=行動」「Targeting=ターゲティング」「Advertising=広告」となります。
「ターゲティング」はマーケティング用語で、狙う顧客層を定めることを意味します。

「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の特徴

行動ターゲティング広告の一番の特徴は、購買に繋がると想定している顧客層に狙いを定めてアプローチ出来ることです。
やみくもに様々なサイトに広告を配信しても購買やサービスの登録に繋がる可能性は低いですが、サイトの閲覧履歴や検索履歴などから興味・関心がありそうなユーザーにしぼって広告を出せば、コストも抑えながら効率よくユーザーと商品・サービスをマッチングすることができます。

ただ、たとえば頻繁にファッション通販サイトを訪れているユーザーに何度も似たような広告が表示されてしまうことであまり興味を惹かなかったり、家電を購入するためにネットで市場調査を行っていたユーザーに家電の広告が表示されたものの既に購買後だったりと、必ずしも効果が出ない場合もあります。

「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の普及の背景

行動ターゲティング広告が可能になった背景には、「cookie」という仕組みがあります。
「cookie」とは、サイトを訪問したデータをブラウザに保存しておくための仕組みのことです。IDやパスワードを保存できるのもcookieのおかげです。この仕組みにより、ユーザーがサイトを訪問した際、同一ユーザーが過去に訪れたかどうかを判別することができます。
そこからユーザーの行動を追跡することができ、行動ターゲティング広告を表示させることが可能となったのです。

「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の例文・用例

行動ターゲティング広告

行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●近くの新築の値段を調べたら、行動ターゲティング広告で不動産の広告がたくさん出てくるようになっちゃった。
行動ターゲティング広告を導入したら、やはり関心のある顧客層からの訪問が増えたのか、コンバージョン率が上がってきたよ。

SNSでの「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の使われ方

「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の類義語

行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)の類義語は、「リターゲティング広告」です。
1度自社サイトを訪問したユーザーに対し、別サイトにて再度自社サイトの広告を表示させる手法のことです。

「行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)」の対義語・反意語

行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)の対義語は、「プレースメント広告」です。
指定のサイトやアプリに広告を配信したり、制限したりする手法のことです。
行動ターゲティング広告が「人」に対して行われるのに対し、プレースメント広告は「場所」に対して行われる広告手法になります。