「糞コテ(クソコテ)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「糞コテ(クソコテ)」の意味とは

糞コテ(クソコテ)とは、インターネットの掲示板に現れる、クソのような固定ハンドルという意味です。

「糞コテ(クソコテ)」の語源

インターネットの掲示板などでは、自分の本名を明かさず、ハンドルネームを使って書き込みをする人がほとんどです。
いつも同じハンドルネームで書き込みをする人のことを「コテハン(固定ハンドルネーム)」と言います。
同じコテハンを使うことで、匿名であっても投稿者の特定は可能です。
多くの人を不快にする、迷惑なコテハンを良く思わない人が、侮蔑の意味で「糞コテ(クソコテ)」と呼ぶようになりました。

「糞コテ(クソコテ)」の傾向

糞コテ(クソコテ)と呼ばれるコテハンには、以下のような迷惑な傾向がみられます。

・上から目線の発言をする
・人を不快にする
・空気が読めない
・意味なく場を荒らす

「糞コテ(クソコテ)」にならないために

自分が「糞コテ(クソコテ)」と呼ばれないためにも、インターネットでは空気を読んだ書き込みをし、無意味に荒らしや誹謗中傷をしないように心がけましょう。

「糞コテ(クソコテ)」の例文・用例

糞コテ

糞コテ(クソコテ)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あいつマジ、糞コテ(クソコテ)野郎だな。
●そんなことばっかり書き込むと糞コテ(クソコテ)って言われちゃうよ。

SNSでの「糞コテ(クソコテ)」の使われ方

「糞コテ(クソコテ)」の類義語

糞コテ(クソコテ)の類義語はありませんでした。

「糞コテ(クソコテ)」の対義語・反意語

糞コテ(クソコテ)の対義語は「良コテ」です。
他のユーザーに好かれているコテハンのことを言います。