「ディスチャージプランニング」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ディスチャージプランニング」の意味とは

ディスチャージプランニングとは、退院の計画という意味です。

入院していた患者が退院することによって生じる治療や療養、また生活上の問題を明確にし、患者の居住している地域の医療機関と連携して、患者の問題に対処する具体的な方法・手段を講じるための計画のことを言います。
日本語では「退院計画」と言います。

「ディスチャージプランニング」の重要性

長期にわたる介護が必要になった場合でも、患者自身が自ら生活の場を選び、自分らしい暮らしを維持することは、人生でも基本的な要求の一つです。
しかし病気や障害が重いほど、必要以上に入院が長期化し、生活の場が病院内に限定されてしまいます。
それは医療の受け手のQOLにおいて大きな問題です。
解決のためには、入院が必要になった時点から、在宅での医療により生活可能な状態に回復次第、退院後の生活環境を整えておくなどのディスチャージプランニングが必要となっています。

「ディスチャージプランニング」の例文・用例

ディスチャージプランニング

ディスチャージプランニングを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●かなり細かく描かれたディスチャージプランニングを渡された。
●この部屋の患者さんのディスチャージプランニングはどうなっているの?

SNSでの「ディスチャージプランニング」の使われ方

「ディスチャージプランニング」の類義語

ディスチャージプランニングの類義語はありませんでした。

「ディスチャージプランニング」の対義語・反意語

ディスチャージプランニングの対義語・反意語はありませんでした。