「逆押し」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「逆押し」の意味とは

逆押しとは、パチスロで、ストップボタンを右から押すという意味です。

「逆押し」のポイント

パチスロ(スロット)では、最初にレバーを叩いてリール(図柄が表示されている部分)が回転したら、自分で「ストップボタン」を押してリールを止め、止まった時の図柄の組み合わせ(役)に応じてメダルが払い出されます。
この「ストップボタン」はリールの下に横並びで3つ設置してあり、それぞれの図柄と連動しています。通常は左、真ん中、右と押していきますが、「逆押し」は右、真ん中、左の順番に押すことを指します。

「逆押し」をする理由

あえて「逆押し」をする理由としては、どのような役が成立しているかどうかが見分けやすいという点が挙げられます。
パチスロではレバーを叩いた時点で抽選が行われ、その時点で成立役が確定します。
そのため、機種によっては右のリールがわかっていればどのような役が成立しているのかある程度見極めることができ、残りのリールで狙う図柄を絞ることができるのです。
また、取りこぼしやすい「小役(ボーナスではないけどメダルの払い出しがある役)」もしっかりと揃えることができ、メダルを増やしやすくなります。

成立役を見極めるための押し方としては、真ん中を確定させてから右、左または左、右と止めていく「中押し」という押し方もあります。
ただしこれらは、機種によってはペナルティとなる押し方なので注意が必要です。

「逆押し」の例文・用例

逆押し

逆押しを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

逆押しを覚えたので今度打つ時使ってみよう!
●この機種は逆押しでボーナスの種類がわかるよ。

SNSでの「逆押し」の使われ方

「逆押し」の類義語

逆押しの類義語は、「変則押し」です。
逆押しや中押しを含んだ、順押し以外の押し方の総称です。

「逆押し」の対義語・反意語

逆押しの対義語は、「順押し」です。
通常通り、左、真ん中、右の順にストップボタンを押すことを指します。