「無農薬野菜」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「無農薬野菜」の意味とは

無農薬野菜とは、農薬を使用せずに栽培された野菜という意味です。

「無農薬野菜」の特徴

無農薬野菜とは、文字通り農薬を使用せずに栽培された野菜のことを言います。
しかし、無農薬を謳いながらも圃場に農薬の残留がみられる、また周辺の田畑で使われたと考えられる農薬が検出されるケースも後を絶ちません。
消費者のニーズが高まっていることを利用して、実際は農薬を使用しているにもかかわらず虚偽の表示をすることも頻発しています。
こうした経緯から、現在は「無農薬」と表示することは金着られるようになりました。
なお、まったく農薬を使っていない場合は、「特別栽培農産物」と表示することが認められています。

「無農薬野菜」ではない「特別栽培農産物」

特別栽培農産物は、無農薬農産物のことです。
しかし農薬を全く使わないわけではなく、土壌の持つ力を最大限まで引き出し育てた農作物のことを指しています。
化学合成農薬や肥料の使用を最低限の使用の低減原則とすることがガイドラインで決まっています。

「無農薬野菜」「オーガニック野菜・有機野菜」の違い

食の安全を追求していくと、「オーガニック野菜」や「有機野菜」という言葉にも巡り合います。
オーガニック(organic)はもともと「有機」という意味を持つ英語です。
そのため、オーガニック野菜と有機野菜は同じものを指しています。
オーガニック野菜は、農林水産省の「有機JAS」と呼ばれている規格によって求められた条件を満たした野菜のことです。一般的に、この認定を受けていなければ、「オーガニック」や「有機」という表示はできません。
「有機JAS」規格では、堆肥などで土づくりを行うことや、種まきや植え付けを行う前の2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない圃場で栽培することなど、様々な条件が定められています。

「無農薬野菜」の例文・用例

無農薬野菜

無農薬野菜を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●最近ではもう無農薬野菜という表現は禁止されるようになったそうだ。
無農薬野菜だからって、農薬を一切使ってないってことではないんだね。

SNSでの「無農薬野菜」の使われ方

「無農薬野菜」の類義語

無農薬野菜の類義語は、「特別栽培農産物」です。

「無農薬野菜」の対義語・反意語

無農薬野菜の対義語・反意語はありませんでした。