「〜厨」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-07-23

「~厨」の意味とは

〜厨とは、中毒あるいは中毒者を意味するネットスラングです。中毒になっているものを「〜」の部分に付けて使用します。

「〜厨」の他の意味

厨は、2つの意味を持つネットスラングです。

厨とは、中学生のように幼稚でやたらいきがっている相手を暗に侮蔑する際に使われるネットスラングです。

特に、ネット掲示板などで独りよがりの文章を書いたり、無知を棚に上げて逆切れしたり、煽りや釣りに簡単に引っかかる未熟さのある人に対して使用します。

また、中学生の坊主の略語「中坊」からの変換で、「厨房(ちゅうぼう)」とも表記します。

また、本物の中学生のことを「リアル厨房」と呼ぶこともあります。

さらに「厨房」を略した「房」、あるいは「C」とする呼ぶ場合もあります。

「CQ」(Cyuubou Quotient) という表現は 「厨房指数」になります。高CQと言えば厨房指数が高いやつという意味です。

「〜厨」の特徴

接尾語「〜厨」は、何かに異常なこだわりをするような人を揶揄する意図で使われます。

以下に例を示します。

「age厨」

荒らし避けのためにsage 進行などで進んでいるスレッドに無意味に age と書き込む人の事です。

「原作厨」

アニメ や映画などで、元ネタとなった原作がある場合、原作至上主義でアニメや映画などを執拗に批判する人の事です。

「夏厨・冬厨・春厨」

夏休みなどの長期休暇にネット掲示板などに沸いてくる厨房(中学生)の事です。

また、「厨〜」のように接頭語として使用する場合もあります。例えば、「厨メール」、「厨ブログ」などです。

「厨メール」とは、しつこく何度も意味不明の内容で送られてくるメールのことです。

「厨ブログ」とは、自分ルールが酷い上に他のサイトから作品や素材をパクってるブログに対して使用されます。

「〜厨」の表現

「不謹慎厨」と「自粛厨」を紹介します。

不謹慎厨

Twitterなどで不謹慎な発言をした人に対して、過剰に反論したり誹謗中傷したりする人を指すネットスラングです。

読み方は「ふきんしんちゅう」です。

不謹慎厨は政治家や芸能人をターゲットにすることが多いです。

不謹慎厨による、叩きの行為は、他の閲覧者を刺激して、Webサイトが炎上することもあります。

ちなみに、不謹慎厨の行う行為を「不謹慎狩り」と言います。

自粛厨

自粛をうるさく他人に求める人のことです。

コロナウイルスが流行って、自粛しろ、自粛しろ、とうるさく言う人もいます。

「〜厨」の例文・用例

厨

〜厨を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●彼はゲーム厨だ。
自粛厨を批判する声も高まっている。

SNSでの「〜厨」の使われ方

「〜厨」の類義語

小学生の坊主の略語「小坊」からの変換で「消防」

高校生の坊主の略語「高坊」からの変換で「工房」

等があり、小学生と中学生を合わせた 「小中学生」 は、「焼酎」 などと呼んだりします。

「〜厨」の対義語・反対語

〜厨の対義語はありませんでした。