「情強」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「情強」の意味とは

情強とは、情報強者の略語のインターネットスラングです。
詳しく知っている、情報を多く持っている、情報をうまく使えている人に使われる言葉です。
情弱(情報弱者)の対義語として作られました。

「情強」の語源

情強の語源は、「情報強者」です。

「情強」の別の意味や使われ方

情強には、他にも「強情なこと」「いじっぱりなこと」を指す言葉でもあり、その場合は「じょうごわ」と読みます。

「情強」の注意点

極端な例示として、若者はスマートフォンやパソコンを使いこなせるので、「情強」、対して高齢者はそういった機器を使いこなせないために「情弱」言われることがあります。
これは正しくありません。
いくらスマートフォンを使えても、得た情報を有意義に使っているだけの場合もあり、単なる無駄な暇つぶしになっていることもあるからです。
「情強」になるためには高齢者にもスマートフォンを使ってもらえばよいというのも、同じ理由で正しいとは言えません。

「情強」になるために

「情強」になるための方法は以下のようなものがあります。

TwitterやSNSでニュースサイトやインフルエンサーをフォローする

インフルエンサーは、興味のあるニュースなどを紹介、リツイートしてくれます。
また、ニュースサイトのアカウントをフォローしておいてリツイートすると、情報に強いと一目置かれます。

キュレーションアプリを使い、情報を自分から集める

グノシーやスマートニュースなどのキュレーションアプリを入れておくことで、ネット上の様々な情報をまとめて読むことができます。

「情強」の例文・用例

情強

情強を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●下に見られてる…どうにかして俺も情強枠に入りたい…。
●あいつっていわゆる情強だから、支援金の情報も発表前に見つけてたよね。

SNSでの「情強」の使われ方

「情強」の類義語

情強の類義語はありませんでした。

「情強」の対義語・反意語

情強の対義語は、「情弱」です。
意味は、「情報を満足に得られない人」「「情報をうまく活用できない人」を指します。
現在では、無知な人への罵倒や侮蔑に使われていることもあり、こちらもインターネットスラングの一種です。
情報強者と情報弱者の差は情報格差から生まれるもので、最新機器をうまく使えるか、必要な情報を得るための知識があるかが重要となっています。