「ペンシルベイト」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ペンシルベイト」の意味とは

ペンシルベイトとは、鉛筆のような形状をしたルアーという意味です。棒状のボディに針の付いたシンプルな構造のものが多いです。

「ペンシルベイト」の語源

ペンシルベイトは、「鉛筆」(pencil)を意味する「ペンシル」と「魚を釣るための餌」を意味する「ベイト」(bait)を組み合わせた語です。
鉛筆のような形状をした餌、ルアーという意味です。

「ペンシルベイト」の特徴

ペンシルベイトは、水面に浮いて漂いながら魚を誘うトップウォータールアーの一つです。
ペンシルベイトの形状は、ただの棒から、太く丸みをおびたもの、本物の魚に似せたものなどがさまざまあります。
水に浮く角度もさまざまであり、水面に沿って水平に浮くものから、ほぼ垂直に立って浮くものもあります。
ペンシルベイトは、主にバス釣りで使われることが多いです。

「ペンシルベイト」の注意事項

ペンシルベイトは、釣り糸を巻くだけでは動いてくれません。
糸ふけ(潮の流れや風などで釣り糸が流されたり、おもりが海底について、竿の先端から浮きやルアーの間の釣り糸がたるんでいる状態)を瞬間的に引っ張ることで、左右に首を振らせながら、水面を滑るように動かします。
釣り竿をどう動かすかが非常に重要なルアーになります。

「ペンシルベイト」の派生パターン

ペンシルベイトから派生した釣り用語を紹介します。

シンキングペンシル

ルアーの一種で、沈むペンシルベイトのことです。
「沈む」を意味する「シンキング(sinking)」が、ペンシルベイトと組み合わさった語です。

「ペンシルベイト」のメリット

ペンシルベイトのメリットを紹介します。

飛距離が伸びる

ペンシルベイトは、ボディの後ろの部分に内臓されているものが多く、釣り竿を投げ込む際に飛距離が伸びます。
また、他のルアーに付いているリップや回転ペラ・ブレードなどのパーツやアトラクターがないため、空気抵抗も抑えられていてよく飛びます。

さまざまな形状、色がある

小さなものから大きなものまでさまざまな大きさがあり、釣り場に群れている小魚のサイズに合わせて選ぶことができます。
カラーバリエーションも豊富で、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

「ペンシルベイト」の例文・用例

ペンシルベイト

ペンシルベイトを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

ペンシルベイトでバス釣りをする。
ペンシルベイトはいろんな種類があって選ぶのが楽しい。

SNSでの「ペンシルベイト」の使われ方

「ペンシルベイト」の類義語

ペンシルベイトの類義語はありませんでした。

「ペンシルベイト」の対義語・反意語

ペンシルベイトの対義語・反意語はありませんでした。