「騎手」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「騎手」の意味とは

騎手とは、競走馬に乗って馬に指示を出しコントロールする人という意味です。

「騎手」の英語表現

騎手は英語で「jockey(ジョッキー)」と表現します。
競馬発祥の地であるイギリスのスコットランドでは、田舎の若者を「Jock」と呼んでおり、そのように呼ばれる人達には馬商人が多かったため、「Jock」はそのまま馬商人のことを指すようになりました。呼び方は徐々に「Jockey」と訛っていき、馬商人だけでなく馬に乗る人のこともこのように呼ぶようになっていったため、今でも騎手のことを「jockey」と表現するようになったのです。

「騎手」の役割

騎手は、レースの際に競走馬に騎乗し、馬が持つ力を発揮して完走できるよう適切な指示を出すことが重要な役割となっています。
スタートで馬に気合いを入れ、コーナリングや進路を指示し、勝負所ではムチを使い馬のトップスピードを引き出します。そのため、騎手は馬の「司令塔」とも呼ばれています。

レースがない日などは自身の体力トレーニングだけでなく、競走馬のトレーニングセンターに赴き調教の手伝い、騎乗をします。普段から競走馬とコミュニケーションをとり、馬の状態を観察するのも騎手の大切な仕事のひとつになります。

「騎手」になるには

騎手になるためには、騎手養成機関で3年間学び、騎手免許試験を受けて合格するという流れが現在の日本では一般的となっています。
騎手養成機関には、JRA(中央競馬会)が運営する「日本中央競馬会競馬学校」とNAR(地方競馬全国協会)が運営する「地方競馬教養センター」があります。
最終的にJRAとNARのどちらに所属するかで、どの養成期間に通うかを決めるのが一般的です。

「騎手」の例文・用例

騎手

騎手を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●日本で有名な騎手といえばやっぱり武豊騎手だよね。
●レース前の騎手の皆さんは本当にカッコイイな~!!

SNSでの「騎手」の使われ方

「騎手」の類義語

騎手の類義語は、「ジョッキー(jockey)」「乗り役」です。
いずれも騎手と同義で使われます。ジョッキーは英語由来の呼び方で、乗り役は日本独自の俗称です。

「騎手」の対義語・反意語

騎手の対義語・反意語はありませんでした。