「珠目」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「珠目」の意味とは

珠目とは、「しゅもく」と読み、馬の特徴を表す言葉で、馬の額にあるつむじの毛という意味です。馬の顔の真ん中部分をさします。

「珠目」の特徴

馬の額にあるつむじの毛のことをさします。
つむじとは、毛が渦のように巻いているところです。

「珠目」の種類

珠目には、つむじのある位置や数によっていくつか種類があります。

珠目正

つむじが目の上線と下線の間にあるものをさします。

珠目上

つむじが目の高さより上にあるものをさします。

珠目下

つむじが目の高さより下にあるものをさします。

珠目二

つむじが二つある場合をさします。気性が荒いと言われることが多いですが、科学的根拠があるかどうかは不明です。

「珠目」の英語表現

英語では「a hair whorl of horse」と表現します。
―That racehorse has a double hair whorl.(あの競走馬にはつむじが二つある。)

「珠目」の認知度は高い?低い?

一般社会での認知度は高くありません。日常会話で使われることはありません。
動物園等で馬を飼っていたり、競馬に詳しい人が、馬の特徴を話す際に使う用語になります。

「珠目」はどこの界隈で使われるのか

競馬の業界で使われる言葉です。
馬の身体の特徴を表す言葉で、血統を登録する際にも珠目の種類が表記されます。

「珠目」の例文・用例

珠目

珠目を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

珠目二の馬は気性が荒いらしい。
珠目がきれいな馬だね。

SNSでの「珠目」の使われ方

「珠目」の類義語

珠目の類義語はありませんでした。

「珠目」の対義語・反意語

珠目の対義語・反意語はありませんでした。