「イレギュラー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-04-12

「イレギュラー」の意味

イレギュラーとは、通常どおりではなく、例外的な状況を意味する言葉です。

アクシデントやハプニングに近いニュアンスがあります。

「イレギュラー」の語源

イレギュラーの語源は英語の「irregular」です。

「irregular」とは、出来事が不定期・不規則な、規範に従わない・合わない、標準からずれている、規格外のなどを意味する形容詞です。

irregularは元々、「regular」に反対の意味をつける接頭語がついてできた単語です。

「regular」とは、習慣的な、いつもの、常連の、整然とした、出来事が定期的な、不変の、定まったなどを意味する形容詞です。

通常、反対の意味をつける接頭語には「in-」が使用されますが、rの前では、「ir-」と変形するので、「irregular」となります。

ビジネスにおける「イレギュラー」

ビジネスでは、「イレギュラーな対応」などの使い方をします。通常はしない変則的な対応です。

例えば、クレーム処理をするとき、お客様からの要望に応じるために、特別な対応をした場合に、「イレギュラー対応」とつかいます。

イレギュラー対応は、時間も手間もかかることが多いものです。お客様に合った対応がのぞましいとはいえ、イレギュラーな対応が続くとスタッフも疲弊してしまうため、できるだけは避けたいものです。

野球における「イレギュラー」

野球で使われるイレギュラーはイレギュラーバウンドの略です。

「イレギュラーバウンド」とは、球が不規則な跳ね方をすることを指します。和製英語になります。

野球以外の球技でも使用されます。

「イレギュラー」な人

イレギュラーは、人に対して使うこともあります。ちょっと特別な人、変わった人、他とは違う人材という意味です。

「イレギュラーな人(存在)」という表現は、普通には考えられないような考え・行動力を持つ人というように良い意味で使うこともあります。

一方で、風変わりな人・普通ではない人・世話が焼ける人という意味で使用されることもあります。ネガティブなとらえ方をされることもありますので、使用には注意が必要です。

「イレギュラー」の例文・用例

イレギュラー

イレギュラーの例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

イレギュラーな事態だ。すぐに対応してほしい。
●彼はイレギュラーへの対応が実に上手だ。とても頼りになる。

SNSでの「イレギュラー」の使われ方

「イレギュラー」の類義語

イレギュラーの類義語は「予想外」、「スペシャル」、「アクシデント」「ハプニング」です。

「予想外」とは、予想とは違った成り行きや思いがけない事態が生じることです。

「スペシャル」とは、特別なさま、特殊なさま、特別な対応をすることを意味します。通常、良い意味で使われます。

「アクシデント」とは、事故・災難・不慮の出来事を意味します。

「ハプニング」とは、偶然で思いがけない出来事を意味します。

「イレギュラー」の対義語・反対語

イレギュラーの対義語・反対語はありませんでした。