「シェーディング」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「シェーディング」の意味とは

シェーディングとは、暗めの色のパウダーやクリームによって顔に陰影をつくるコスメ、またはそのメイク方法のことです。

「シェーディング」の語源

シェーディングの語源は、英語の「shading」です。
「陰」や「陰影」を意味する「shade」の変化形で、「陰にすること」といった意味があります。
顔の狙った部位に意図的に陰を作り、立体感を出すメイクのため、この言葉が使われています。

「シェーディング」の目的

シェーディングの一番の目的は、顔に立体感を出すことです。
特に日本人の顔は欧米人に比べて立体感がなく、のっぺりとした印象を受けることがあります。シェーディングによって陰影をつけることで、顔の凹凸が強調されてハッキリとした顔立ちになるというメリットがあります。

「シェーディング」のやり方

シェーディングには悩みや目的別に様々なやり方があります。

例えば「鼻が低い」といった悩みがある場合、眉頭から鼻筋にかけてシェーディングを入れることで、鼻筋が通り顔に立体感が生まれます。
また「小顔に見せたい」といった場合は、面長や丸顔といった顔の形に合わせてフェイスラインに陰をつくることで、理想的な輪郭に近づけることができます。

顔に疑似的な凹凸をつくることでメリハリが生まれ、ぼんやりした印象をキュッと引き締めることができるメイクテクニックです。

「シェーディング」の種類

シェーディングは色味や濃さ、場所などを間違えて入れてしまうと非常に悪目立ちしてしまうため、使うのが難しいメイクだとされてきました。
しかし最近では上手な使い方をレクチャーする動画なども増え、身近なコスメとなっています。

ふわっと入れて濃くなりすぎないパウダータイプと、しっかりと密着するクリームタイプが主流となっています。
色味もブラウン系だけというわけではなくグレーがかったものなども販売されており、自分の肌色に合わせて選べるようになっています。

「シェーディング」の例文・用例

シェーディング

シェーディングを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●小顔に見せるためにシェーディング練習しよ!
●このパウダータイプのシェーディングなら失敗しにくくてオススメだよ♪

SNSでの「シェーディング」の使われ方

「シェーディング」の類義語

シェーディングの類義語はありませんでした。

「シェーディング」の対義語・反意語

シェーディングの対義語は、「ハイライト」です。
肌よりも明るめの色を部分的に入れることで光を集め、顔に立体感やツヤをもたらすコスメ、またそのメイク方法のことです。
こちらもパウダータイプやクリームタイプなどの種類があり、色味やツヤ感なども選べるようになっています。
シェーディングと組み合わせて使うことも多いアイテムです。