「エストラゴン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「エストラゴン」の意味とは

エストラゴンとは、キク科ヨモギ属の多年草のハーブです。
乾燥させてハーブとして使われます。
エストラゴン(estragon)はフランスの言葉で、英語では「タラゴン(tarragon)」と言います。
和名は「カワラヨモギ」です。
世界中の料理人に使われており、現在ではスープやドレッシングなど、様々な料理に含まれています。
遥か昔、紀元前500年頃のギリシャでは薬草として栽培されていました。

「エストラゴン」の特徴

エストラゴンは、セロリに似た清涼感あるスパイシーな香りで、かつ柔らかな甘みを含んでいます。
整腸効果や鎮痛効果があるとされるため、古くから食事に取り入れてきたことは非常に合理的とされています。
フランス系とロシア系の2種類があり、風味の強いフランス系が主に使われています。
エストラゴンは灰緑色の多数の小花を咲かせますが、めったに咲かないため、株分けや挿し木で増えてきました。

「エストラゴン」の用途

エストラゴンはどんな料理にも使える万能のハーブで、特に相性がいいのは、卵、鶏肉、白身魚や乳製品です。
野生の動物を使った料理は、独特の臭みがありますが、エストラゴンを使うことで臭みを消し、素材の味を引き立てることができます。
フランス料理の代表とも言えるエスカルゴも、エストラゴンなしには成り立たない料理の一つで、エスカルゴにエストラゴンのみじん切り、バター、ガーリックで味付けします。
またドレッシングやソースに混ぜて使うことも一般的で、ハーブビネガーに使われる定番のハーブでもあります。

「エストラゴン」の例文・用例

エストラゴン

エストラゴンを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●白ワインとビネガーで、玉ねぎとエストラゴンを煮て、卵、バター、塩コショウで味付けしたソースが美味しいらしいですね。
エストラゴンのラグースープを頂いてきました。

SNSでの「エストラゴン」の使われ方

「エストラゴン」の類義語

エストラゴンの類義語はありませんが「タラゴン」とも呼ばれます。

「エストラゴン」の対義語・反意語

エストラゴンの対義語・反意語はありませんでした。