「めくり」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「めくり」の意味とは

めくりとは、主にストリートファイター、キングオブファイターズなどの2D格闘ゲームで、前方ジャンプで相手を跳び越えて相手の背面に着地し、攻撃するテクニックのことです。eスポーツ(主に格闘ゲーム)の世界でよく使われる専門用語です。

相手の背面に回り込んで攻撃することで、ガード方向を狂わせることができます。また、攻撃をガードさせた後に反撃されにくくなるというメリットもあります。
なお、ストリートファイターのめくりはスタッフが意図して入れたものではなく、プレイヤーの攻略によって偶然発見されたものでした。以降のゲームでは特にジャンプからの攻めを重視したゲームで意図的に入れられることが多くなっています。

「めくり」の語源

「めくり」の語源は、ゲーム雑誌『ゲーメスト』の元ライターVMT-DANがこのテクニックを使っていたところ、友人のABUが『背中の皮めくり』と表現したことからと言われています。

「めくり」の例文・用例

めくり

めくりを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

めくりを毎回狙っていたら相手も慣れてしまうから、めくりに見せかけてめくりにならない技も混ぜると良いよ。
めくりは命中しやすいが、回り込みに時間がかかるのですぐには攻撃できない。

SNSでの「めくり」の使われ方

「めくり」の類義語

めくりの類義語は「裏まわり」です。裏まわりは別の意味で使われることも多いため、「めくり」とする方が一般的です。

「めくり」の対義語・反意語

めくりの対義語・反意語はありませんでした。